武蔵野大学高校 第3回〈授業レポート〉

5月26日(水)、都内の武蔵野大学高校での第3回授業が行われました。


今回も前回に引き続き、哲学対話をする上で大切なことを一緒に確認した後、質問ゲームを行いました。「今ハマっているものは?」「結婚ってしたい?」「この学校に入って良かった?」など身近な問いに対して、楽しみながら、人によっては絶妙な質問に悩みながら、より深め合うようにして、質問し答え合う姿が見られました。


後半では前回同様、短めの哲学対話を行いました。問いを選ぶ際に生徒からも問いの候補を出してもらい、質問ゲームでも出た「〇〇って脈アリ?」という問いから派生した「どこからが脈アリ?」という問いや、「当たり前って何?」などといった純粋な疑問が挙がりました。実際に対話する時間も、生徒の皆さん各々が問いを咀嚼しており、話す人の意見に耳を傾けているな、という印象がありました。


皆さん参加意欲が高く、回を追うごとに問いがどんどん出てきていて、今後の授業もとても楽しみです。

この記事を書いた人

アーダコーダ事務局