メンバー

角田 将太郎
代表理事
角田将太郎

河野 哲也
副代表理事
河野 哲也

井尻 貴子
理事
井尻 貴子

清水 将吾
理事
清水 将吾

土屋 陽介
理事
土屋 陽介

堀越 睦
理事
堀越 睦

前田 有香
理事
前田 有香

松本 弘子
理事
松本 弘子

守山 菜穂子
理事
守山 菜穂子

寺田 俊郎
監事
寺田 俊郎

三浦 美沙
理事
三浦 美沙

小川 泰治
理事
小川 泰治

天野 美和子
理事
天野 美和子

桑原 眞理子
理事
桑原 眞理子

鳥羽瀬 有里
理事
鳥羽瀬 有里

幡野 雄一
理事
幡野 雄一

小川 泰治
創設者
川辺 洋平

角田 将太郎 (代表理事)

2017年1月から第1期インターン生として、アーダコーダに参画。東京大学教養学部で哲学を学び、卒業後は当団体事務局を務め、2019年7月より現職。大学で自分が感じた哲学することの魅力と、難解で役に立たないものという哲学に対する世間的なイメージのギャップに違和感を感じ、「人生を豊かにする楽しい哲学の体験」を創出する実践哲学者として活動する。

哲学するってなにがおもしろいの?

「あたりまえ」だと思っていたものが、実は「誰かにとってのあたりまえ」でしかないことに気がつく。そして、「あたりまえ」が「あたりまえだと思っていた何か」という抽象的な概念でしかないことに面食らう。さらに、地に足の着かない「あたりまえ」をじっと見つめ、手ざわりのある「新たなあたりまえ」へと作り変えていく。そんな一連の思考の更新過程とそこから生じる心の揺れ動きが心地よいです。

サイトをご覧の方にひと言

「心ってどこにあるんだろう?」が僕を哲学に引き込んだ最初の問いでした。みなさんはどんな問いをお持ちでしょうか。

河野 哲也 (副代表理事)

河野 哲也 (副代表理事)
立教大学文学部・教授。慶應義塾大学文学研究科後期博士課程修了、博士(哲学)。専門は哲学、倫理学、教育哲学。日本哲学会理事、応用哲学会理事、日仏哲学会理事、日本現象学会委員、日本科学哲学会評議委員、科学基礎論学会評議員。著書に 『「こども哲学」で対話力と思考力を育てる』(河出書房新社, 2014年)、S・ケイ、P・トムソン『中学生からの対話する哲学教室』(玉川大学出版部, 2012年, 共訳)、『意識は実在しない』(講談社メチエ, 2011年)、『道徳を問いなおす: リベラリズムと教育のゆくえ』(ちくま新書, 2011年)等。

哲学するってなにがおもしろいの?

肩の力が抜けて、たゆたう感じが味わえること。まじめに生きているけど、何となくどうでもいい感じもしてくること。人(とくにこども)と哲学対話していると、やられた、やられてうれしい、って感じがすること。

サイトをご覧の方にひと言

哲学をすると自由になれます。ぜひ、私たちと、ゆっくりとして、人の話を聞いて、うーんと考えて、何となく自分を変えましょう。

井尻 貴子 (理事)

アート、哲学に関わるプロジェクト等の企画、運営、コーディネート、記録編集執筆などを行う。早稲田大学第一文学部(美術史)卒業、大阪大学大学院文学研究科(臨床哲学)博士前期課程修了。財団法人たんぽぽの家、公益財団法人東京都歴史文化財団東京文化発信プロジェクト室、NPO多様性と境界に関する対話と表現の研究所事務局長等を経て、現在に至る。共著書に、『哲学カフェのひらきかた』(大阪大学出版会、2014年)、『こころのナゾとき 小学1・2年/ 小学3・4年/ 小学5・6年』(成美堂出版、2016年)、共編書に『病院とアート–医療現場の再生と未来』(生活書院、2014年)、連載に「ケアする人のためのワークショップ・リポート」(ウェブ雑誌「教養と看護」)などがある。

哲学するってなにがおもしろいの?

うーん、哲学するってなにがおもしろいの?の問いに答えるには、哲学するってなんだろう?ってことを考えなきゃいけない。それから、おもしろいってことも。それから、それから・・・だからすぐには答えられないけど、その予感は確かにあって、私をたすけてくれているような気がします。

サイトをご覧の方にひと言

ご覧いただき、ありがとうございます。いまご覧になっているあなたの関心は、どこにあるのでしょう?哲学?対話?こども?それとも、おとな? その関心を、疑問を、ぜひ伝えてください。一緒に哲学すること、はそこからはじまるのだと思います。

清水 将吾 (理事)

立教大学兼任講師。日本大学、日本女子大学、東邦大学で非常勤講師を務める。ウォーリック大学大学院哲学科でPhDを取得後、東京大学UTCPの特任研究員、特任助教を経て、現職。分担執筆書に、『ベルクソン『物質と記憶』を診断する-時間経験の哲学・意識の科学・美学・倫理学への展開』(書肆心水、2017年)。共監訳書に、マシュー・リップマンほか『子どものための哲学授業: 「学びの場」のつくりかた』(河出書房新社、2015年)。共訳書に、バリー・ストラウド『君はいま夢を見ていないとどうして言えるのか』(春秋社、2006年)。

哲学するってなにがおもしろいの?

「宇宙の果てはどうなってるの?」「どうして生まれてきたの?」

子どもの頃、そんな途方もないことを疑問に感じたことはありませんか? 哲学をすると、そんな巨大な疑問に、自分の力でよじ登っていくことができます。そうするうちに、宝物のようなアイデアに出あうことも!

サイトをご覧の方にひと言

毎日の生活では、考えたくても考えないで通りすぎていることが、たくさんあると思います。いっしょに立ち止まって、ゆっくり、じっくり、考える時間をすごしてみませんか?

土屋 陽介 (理事)

開智日本橋学園中学・高等学校教諭(学校が独自に開設している教科「哲学対話」の専門教員)。開智国際大学教育学部非常勤講師(「哲学」「倫理学」等を担当)。千葉大学大学院社会文化科学研究科博士課程単位取得退学。博士(教育学)。こども哲学(Philosophy for Children)の実践家。研究上の専門は、こども哲学、教育哲学、現代哲学。主な著書に、『僕らの世界を作りかえる哲学の授業』(青春出版社)。主な共著書に、『子どもの哲学:考えることをはじめた君へ』(毎日新聞出版)、『こころのナゾとき 小学1・2年/小学3・4年/小学5・6年』(成美堂出版)、『まいにち哲学カレンダー』(学事出版)など。主な共訳書に、マシュー・リップマン『探求の共同体:考えるための教室』(玉川大学出版部)など。主な連載に、「てつがくカフェ」(毎日小学生新聞)。

哲学するってなにがおもしろいの?

世界は本当に謎だらけだらけだということに気づいて、世界が違って見えるようになること。どんなにバカげたことでも大まじめに考えられて、みんなでバカみたいなことを笑いながらトコトン真剣に語りあえること。その圧倒的な自由感・浮遊感・安心感。自分の考えの誤りを指摘されて心の底から喜べること。

サイトをご覧の方にひと言

物事をしつこくねちっこく、しかし同時に軽やかに考え対話することは、何かの役に立つとかいう以前に、何物にも代え難い「こどもの遊び」だと私は思っています。みなさん一緒に遊びませんか?

堀越 睦 (理事)

哲学カフェを主催する任意団体「さろん」の運営スタッフ。その哲学カフェにてファシリテーターを務め、月1度の哲学対話を楽しむ。本業はIT業界の会社員。2008年頃から「関東実験哲学カフェ」に参加者として通うが、同哲学カフェの閉会にともない、有志とともに「さろん」を立ち上げる。

哲学するってなにがおもしろいの?

それまでは全く関係ないと思い込んでいた二つの異なる概念の間に何らかの関係性を発見できる。「こんな簡単なことも分かっていなかったのかということに驚く。それらのことがまた次の発見や驚きを産み出していく。

サイトをご覧の方にひと言

「あのとき、あの人があんなことを言っていた」という印象に残る言葉の断片が、誰にも一つや二つはあるはずです。哲学対話では、そんな印象に残る言葉の一つに出会えるかもしれません。是非一度体験してみて下さい。

前田 有香 (理事)

(公財)日本財団パラリンピックサポートセンター推進戦略部プロジェクトリーダー。立教大学文学部教育学科初等教育専攻卒業後、神奈川県立特別支援学校小学部教諭になる。2012年、立教大学大学院文学研究科教育学専攻博士前期課程進学し河野哲也ゼミで哲学対話に出会う。共栄大学教職アカデミー研究員、日本財団パラリンピック研究会研究員を務めた後、2014年7月より現職、2015年3月に同大学院博士後期課程中退。

哲学するってなにがおもしろいの?

もやもやっとしていたことの形が少しずつ見えてくるところ。
言葉が自分のものになった、自分の想いが形になったような感覚を味わえること。
相手の心をのぞき見したようなワクワク感。
自分のことを見せることができた安心感と開放感があること。

サイトをご覧の方にひと言

忙しなく過ぎる毎日の中に、立ち止まってじっくり考える時間を作ってみませんか。
自分自身に、対話の相手に、こどもたちに対して、新たな発見があるかもしれません。

松本 弘子 (理事)

3人の年頃の娘をもつ母。埼玉県立がんセンターにて看護助手をしながら、2013年、人間総合科学大学(通信制)を卒業。卒業論文のテーマ「義務教育の中における、自己肯定感の持てる授業の提案」を考える中で、フランス映画「小さな哲学者たち」に出会う。現在は、リトミック教室を主宰する仲間とともに、幼稚園児~小学生とそのお母さんに向けた哲学対話や、性教育と哲学にまつわる地域活動を行っている。

哲学するってなにがおもしろいの?

「なぜ」と問うことから、とても自由な発想にジャンプ出来て、今まで眠っていた自分の細胞を使っていることが自覚できること。「沈黙」が怖くなくなり、「沈黙」に可能性を見出せるようになる。

サイトをご覧の方にひと言

こども哲学教室の中でのこどもたちは、自分の感じたことを無意識な規制を働かさないで率直でストーレートな意見を発表してくれることがあり、その素直な意見に感動し、自分の中の余計な既成概念をお掃除していくことができます。

守山 菜穂子 (理事)

株式会社ミント・ブランディング代表取締役/ブランドコンサルタント。多摩美術大学グラフィックデザイン科卒。読売広告社、小学館を経て2013年に独立。現在は企業ブランディング、パーソナルブランディングのコンサル、研修講師、セミナー講師として活動中。企業や人の「真の価値」を見つけるために哲学対話の手法をビジネスシーンで活用中。日経BP総研コミュニケーションラボ 客員研究員。一般財団法人ブランド・マネージャー認定協会 エキスパートトレーナー。GCS認定プロフェッショナルコーチ。
http://naoko-moriyama.com/

哲学するってなにがおもしろいの?

あなたが抱える問題の「解」はひとつじゃないと気づくことができます。

自分の価値観を、揺さぶろう!

きっと大きな発見があることと思います。

サイトをご覧の方にひと言

企業で人材開発に関わっている方や、チームビルディングを考えるリーダー、経営層の方へ安心しておすすめできるセミナーです。「自分たちは何のために働いているのか?」そんなことを考える時間が、今こそ必要です。

三浦 美沙 (理事)

千葉大学に在学中、哲学を勉強する。当時、哲学講座の学生のたまり場となっていた資料室、通称「哲部屋」に集いさまざまな哲学的な問いついて語り合う日常を過ごす。その頃、院生として在学していた現アーダコーダ理事の土屋、清水と出会い交流を深める。卒業後、IT関係の会社に就職するも、”おとな”の世界で目的達成型ではない素朴な「なぜ?」「なに?」を問う議論があまり行われていないということにショックを受け、徐々に哲学対話イベントなどに参加するようになる。”おとな”の世界に哲学を広めたいというモチベーションからアーダコーダにボランティアとして参画。2015年度より理事に就任。

哲学するってなにがおもしろいの?

自分が信じていた景色や足下がぐらぐらする不思議体験ができること。どんなに偉い人ともちいさいこどもとも「なんで?」「ほんとに?」と言い合えること。ばかばかしさとほんとうっぽさが一緒にある感じ。

サイトをご覧の方にひと言

誰かのコピー&ペーストじゃなく、自分のことばで考えて、話していますか?おとならしさとか役割とか余計なものをすっとばしたシンプルなコミュニケーションから生まれる問いや答えがどんなものかを見てみたくはないですか?

寺田 俊郎 (監事)

上智大学文学部哲学科教授。京都大学大学院文学研究科博士後期課程(哲学)学修退学、2001年大阪大学大学院文学研究科博士後期課程(文化形態論)単位取得退学、2004年同修了(文学博士)。1992年~1998年洛星中学・高等学校教諭、2001年~2010年明治学院大学助教授・准教授、2010年より現職。主な研究分野は近現代の実践哲学、臨床哲学。カフェフィロ会員。

哲学するってなにがおもしろいの?

いつでもどこでもすることができ、何でもテーマにすることができ、何度でもやり直すことができるところ、つまり自由なところ。それから、他の人々と対話しているうちに、自分の考えが変わっていく経験。

サイトをご覧の方にひと言

一人一人が生きるなかで出会う問いを、自分で考え、他の人々と対話しながら考えること、それが哲学。一緒にやってみませんか。

小川 泰治 (理事)

宇部工業高等専門学校一般科(社会)講師。早稲田大学大学院文学研究科哲学コース博士後期課程満期退学。中学・高校・専門学校で「倫理」や「現代社会」、「哲学対話」の非常勤講師を務めたのち、2018年4月より現職。分担執筆に『こころのナゾとき 小学1・2年/ 小学3・4年/ 小学5・6年』(成美堂出版、2016年)など。子どもの哲学についての論文に「「子どもの哲学」における知的安全性と真理の探究 ― 何を言ってもよい場はいかにして可能か」(『現代生命哲学研究』、2017年)などがある。

哲学するってなにがおもしろいの?

誰も最終的な答えがわかっていないような「問い」を前にして真剣に考えていると、子どもも、大人も、偉い人も、そうでない人も関係なく、みんなが「哲学すること」の前でフェアになれるような瞬間があること。

サイトをご覧の方にひと言

「哲学してみたい!」と思ってもなかなか一人ではいつ、どうやってやったらいいかもわからず踏み出せないこともあると思います。ですが、普段話さないだけで周りにも考えることが好きな人たちはいるものです。まずは私たちと一緒に「哲学すること」の不思議で楽しい世界へと入っていきませんか?

天野 美和子 (理事)

東京大学発達保育実践政策学センター特任助教。立正大学非常勤講師(担当授業は保育内容の人間関係)。元私立幼稚園教諭で、東京YMCA社会体育・保育専門学校などでも非常勤講師(担当授業は保育原理)を務めた。専門は、子ども学、保育学、幼児教育学(学位は博士子ども学)。日本保育学会広報委員。カナダの親教育プログラムNobody’s Perfect Japan認定ファシリテーターとしても活動している。共著に『園づくりのことば:保育をつなぐミドルリーダーの秘訣』(丸善出版、2019年8月刊行予定)、『乳幼児の発達と保育』(朝倉書店、2019年8月刊行予定)などがある。

哲学するってなにがおもしろいの?

日々の生活の中で出会う素朴な問いについて深く深く考え続けてみると、「正解などないんだ」ということに気づきます。それを心の底から実感できたとき、なぜだかフッと気持ちが軽くなります。何とも言えない解放感のようなものが得られて心地よいです。おもしろいと言えば、小さな子どもの何気ない呟き。そこに子どもたちの哲学的なセンスを感じてハッとさせられることがあります。

サイトをご覧の方にひと言

アーダコーダの哲学対話に出会ってから、私にとって哲学が身近に感じられるようになりました。以前は、著名な哲学者の思想についての知識がないと哲学できない、哲学してはいけないのではないかと思っていました。でも、哲学的な問いは私たちの日常のなかに沢山あって、大人だけではなく、すでに幼児期の子どもにも哲学的な思考が芽生えていることに気づきました。頭の中を柔らかくして、是非ご一緒に哲学対話を楽しみましょう!

桑原 眞理子 (理事・事務局)

大学卒業後、食品メーカーを中心に商品開発·マーケティング職に従事。「こども哲学」との出会いをきっかけに、子どもの斬新な発想に魅せられ2018年に独立。子どものマーケティング思考を育む体験型プログラム「6歳からのマーケティング思考レッスン」を開発し、ワークショップ等を実施。現在はモンテッソーリ教師として教室を運営する傍ら、幼児からおとなまで幅広い世代を対象とした哲学対話のファシリテーターとしても活動。モンテッソーリ教室 マヴィのおうち 主宰。日本モンテッソーリ教育総合研究所認定 3-6歳教師。
https://www.ma-mavie.com/

哲学するってなにがおもしろいの?

今までの何気ない思い込みに気づけ、新しい世界が開ける感覚がなんとも心地よいです。
特に、子どもたちからの学びは計り知れないものがあります。

サイトをご覧の方にひと言

小さな子どもたちと哲学対話をして、マーケティングの仕事に通じるものを感じました。むしろ、子どもの方が純粋に顧客満足を追求できるのではないかとすら…。子どもたちも含めた多様な人たちと哲学対話することは、ビジネスでブレイクスルーのヒントになるかもしれませんよ。

鳥羽瀬 有里 (理事)

上智大学心理学科卒業後、外資系コンサルティング企業にて主に金融関係のプロジェクトに従事。その後欧州系コンサルティング企業の立ち上げに参画。人事関連の責任者として、社員ひとりひとりのキャリアを見据えた新たな評価、育成制度を構築。「こどものてつがくきょうしつ」の共同主催者であり、一児の母。
哲学するってなにがおもしろいの?
頭の中に「?」を持つことが日常になっていくこと。いろんな日常に対して新たに「?」を持てるようになることで、目の前の景色が変わって見える。「あたりまえ」も「ふつう」もなく、探求心こそが、考えることこそが、人生の面白みだと気付けること。
サイトをご覧の方にひと言
目の前にあるものをまず静かにゆっくりと見つめて、何かあなたのなかに「?」を浮かべてみることから始めませんか?企業でも、家族でも、一人でも、「?」を考えることが、きっと私たちを自由にしてくれます。

幡野 雄一 (理事)

高校卒業後、ヒッチハイキング、野宿生活、四国の歩き遍路などを経験。その後、駒澤大学仏教学部禅学科に入学し、学部を首席で卒業。卒業後は、学校、塾、地域などで、様々な世代の人たちと哲学対話を行う。2018年、走る小屋とテーブル「ポイトラ」の運営を開始し、各地で哲学対話を企画。2019年、国立駅北口に探究型学習塾「ベースクール」を開校。

哲学するってなにがおもしろいの?

なにがおもしろいんだろう?ちゃんと答えようとするとわからなくなっちゃうなぁ・・・あっ!わからなくなって良いのも哲学のおもしろさだ。あれ?でも、なんでわからなくなって良いとおもしろいんだ??本当にそれは「おもしろい」なのか???んー・・・。こんなことをみんなで語り合えるのが哲学のおもしろさかも!!

サイトをご覧の方にひと言

「わからない」に正直になると、スッと気が楽になります。力みすぎず、急ぎすぎず、ゆったり、じっくり、語り合い、考える時間。たまにはそんな時間を過ごしてみませんか。

川辺 洋平 (創設者)

東京学芸大学教育学部を卒業後、イラストレーターとして活動開始。2007年に広告会社に入社後、2012年より出版社にてクリエイティブ・ディレクターとして勤務。2014年に独立するとともに、NPO法人こども哲学・おとな哲学アーダコーダを設立。保育士、幼稚園教諭、小学校教諭、中学校教諭(美術)、高校教諭(美術)の資格を持つ。主著に『自信をもてる子が育つ こども哲学 -“考える力”を自然に引き出す-』(ワニブックス,2018年)、分担執筆に『哲学する保育原理』(教育情報出版,2018年)。連載に毎日小学生新聞『本の森』『「ふつう」に生きるということ』等。

哲学するってなにがおもしろいの?

暮らしの中でふと疑問に思ったことを、トコトン考え抜く力が哲学にはあります。子どもたちの、常識にとらわれない斬新な発想や疑問を通じて、おとなは学び直すことができるように思います。

サイトをご覧の方にひと言

言葉も社会制度もルールもマナーも、人間が作ったものですよね。
おとなにとっての当たり前を、子どものように疑ってみませんか?